iPhoneXだけの魅力について

iPhoneXは実はスマートフォンの一つです。
つまり、アップル社のスマートフォンがアイフォンというだけで、数あるスマートフォンの一つです。


しかし、iPhoneXだけは特別な存在として、スマートフォンとアイフォンを別の存在にしたり、わざわざ対比させたりしています。



その理由はなぜか?そして、どこがどう違うのか?を知っていると、iPhoneXの魅力がさらに増します。


iPhoneXが別格なのは、一言で言えば、スマートフォンのなかでアイフォンだけはブランドということができるからです。



ブランドとは何でしょうか?簡単に言えば、「持つこと自体が楽しい」「持っていることが誇りである」というものをいいます。
人に見せたときに「えっ、アイフォンを持ってるの?すごーい」とか「私も」とアイフォンの良さに共感できます。

その理由は、アイフォンがスマートフォンの最初だからという単純な理由ではありません。

その一つは、初代からあまり形が変わってはいませんが、スマートフォンを初めて誕生させたときの設計理念を貫く洗練されたデザイン。

そして、細部まで作り込まれたスマートで丁寧な作り。
そして、使う人にストレスを与えないきびきびした動きをきちんと提供しており、それでいて、女性でも簡単に操作ができる、そのうえシンプルでオシャレに作り込まれているからです。

つまりの「良いもの」だからです。

その点、他のスマートフォンは機能を重視しており、「良いものを持つことへの喜び」を作り手や、マーケッターが追求していません。



その違いが特別にあるところがiPhoneXの魅力です。


iPhoneXは長年にわたり研究が進められ、ようやく開発を行ってきたアップル社によって世に登場しました。
アンドロイドのスマートフォンには、iPhoneX開発時に誕生した製品や技術が詰め込まれ、世界のスマートフォン開発において、大きな進歩と発展を支えてきました。たとえば、スマートフォンの画面については、ふとしたことがきっかけで、新たな製品が生み出されることになりました。開発途中に、誤って車の鍵と一緒にiPhoneXをズボンの同じポケットに入れてしまい、画面に傷がついてしまうということがありました。このことがきっかけで、スマートフォンの画面には傷のつきにくく割れにくいゴリラガラスの開発と使用が研究され、新たな商品としてのiPhoneXが登場しました。


さらにカメラの機構についても、できるだけ電力を使わずにカメラを使うことが可能になり、現在のスマートフォンの省エネ化が進んでいます。

さらに4Kが美しく撮影できるカメラと、それらをきれいに再生できるディスプレイを兼ね備えたスマートフォンは、いまや人気の機種として、アンドロイドのスマートフォンに負けない機種として、携帯電話会社各社で販売されています。年々契約者数も伸びており、一度使い出すとアンドロイドのスマートフォンには戻れなくなるほどの魅力が今の機種にはあります。


後継機を待ち望む声は年々高くなっており、そのサービスも充実してきました。

次世代のスマートフォントして、やはりiPhoneXは各社のユーザーの取り合いは激化しそうです。