自宅のWifiの速度に不満を感じている方々がいますが、気になる場合は次の改善策を講じたいところです。

一つ目の改善策ですが、Wifiルータの設置場所を確認しましょう。自分がよくネットを利用する場所とルータの設置場所が、あまりにも離れていると電波が悪くなります。電波の感度が悪くなりますと、ネット接続の状態は維持出来ても速度が落ちてしまい、頻繁に画面がロード状態に至ります。加えて距離だけではなく、壁や扉で電波が遮断されると、Wifiルータの本来のスペック通りの速度が出なくなります。

せっかく高級なモデルを買っても、物理的な要因でスペックがダウンしていては本末転倒ですので、リビングでよくネット検索をするなら、ルータを玄関などから移動させて居間の周辺に置き換えましょう。二つ目の対策ですが、ルータの更新です。見た目にはわかりづらいですが、本体のアップデートが実は必要です。

スマートフォンやパソコンの様に定期的にメーカー側よりアップデートがなされており、長期間旧型のままで使い続けると速度が下がる事が考えられます。最新版の取り寄せ方法は機種によって異なりますので、マニュアルをよく読み作業しましょう。三つ目の改善策ですが、Wifiルータ自体が経年劣化で寿命を迎えている可能性があり、買い替えた方がすんなりストレスが解決するかもしれません。製品寿命は2年から3年位だと言われており、5年も使えば長寿ですので、心当たりがある場合は早めに最新機種に乗り換えたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *